研究科について

連合農学研究科憲章

連合農学研究科は、静岡大学大学院総合科学技術研究科及び岐阜大学大学院応用生物科学研究科を主たる基盤として、構成大学が有機的に連合することによって特徴ある柔軟な教育研究組織編成を可能にし、広い視野、高度な専門的知識と技術、理解力、洞察力、実践力を獲得できる教育を追求します。そして、高度の専門的能力と豊かな学識、広い視野を備えた研究者及び高度専門技術者を養成することを通して、農学の進歩と生物資源関連産業の発展に寄与しようとするものです。

農学は、生物生産と人間社会との関わりを基盤とする総合科学であり、生命科学、生物資源科学、環境科学、生活科学、社会科学等を主要構成要素とする学問です。(平成14年「農学憲章」抜粋)本研究科では単位制教育で多様な科目が提供され、同時に複数教員による指導下での博士論文研究が行われます。そして本研究科は、農学の幅広い知識および課題探求能力の習得のための教育・研究を推進し、境界領域や複合領域の課題に対しても対応可能な問題解決型能力と課題発掘型能力の醸成を目指します。

  1. 両大学連合の有機性を単位制教育および博士論文研究指導に活かすよう努める。
  2. 技術者・研究者としての倫理観を備え、リーダーシップを発揮する人材の養成を図る。
  3. 総合科学としての農学を理解し社会貢献する研究者および専門技術者の養成を図る。
  4. 地域貢献に意欲をもつ人材の養成を目指す。
  5. 国際性をもち、世界で活躍できる人材の育成を目指す。
  6. 高度な農学関連諸技術と科学の修得に意欲をもつ外国人留学生の受け入れを推進する。

1.教育基本戦略

(1) 連合大学院教育
  • 学生が構成大学間の中で、幅広い教育・研究指導が受けやすい体制の構築を図る。
  • 教育の質的向上のため、教育改善活動(FD)を継続的に実施する。
  • 高度の専門的能力と豊かな学識を有する研究者及び専門技術者を養成する。
  • 副指導体制を充実し複数教員による研究指導の一層の強化に努める。
  • 両大学の連携による指導体制を活かして教育研究組織を強化する。
  • IT、ネットワークを活用した遠隔教育を実践する。
  • 総合農学ゼミナールを充実し、一層の改善を図る。
(2) 教育・研究の国際化
  • 外国人留学生を積極的に受け入れ、国際的に活躍できる人材を育成する。
  • 国際的な広い視野を醸成する教育を推進する。
  • 英語による教育を促進し、国際的に先導する研究指導を推進する。

2.研究基本戦略

  • 研究活性化の推進を図るための支援を充実させる。
  • 科学技術の発展と変化に柔軟に対応できる研究の推進を図る。
  • 学生が向上心と意欲をもって研究できる環境の整備に努める。

3.社会貢献基本戦略

  • 外国人留学生の受け入れや、就学時、修了後に及ぶケアに務める。
  • 私費留学生に対する奨学金等の確保に努める。
  • 地域に関わる課題研究を奨励し、地域社会に貢献する。

4.運営基本戦略

  • 研究科の運営に対する検証と継続的な改善を推進する。
  • 教育・研究に必要な財政基盤の安定化を図る。
  • ホームページ・広報誌の充実を図り、わかりやすい広報活動に努める。
  • 個人情報等の保護・管理を周知徹底する。
  • IT機器の活用を推進し、運営体制の簡素化に努める。