研究科について

研究科カリキュラムポリシー

本研究科は課程プログラムにおいて共通科目及び連合講座開講科目を提供します。以下に主な科目等とそれぞれの目的を示します。これらの履修を通して高度の専門能力と豊かな学識、広い視野をもった研究者及び高度専門技術者を育成していきます。

  1. 総合農学ゼミナール、インターネットチュートリアル
    参加及び履修によって広範囲の高度な専門知識を習得します。また、国際コミュニケーション及びプレゼンテーション能力と情報分析・評価能力等を育みます。
  2. 研究者倫理・職業倫理、メンタルヘルス・フィジカルヘルス
    研究者・専門職業人にとっての倫理及び自己管理能力を育みます。
  3. 特別講義、特別ゼミナール、特別演習
    履修により、高度で広範な専門知識を習得します。
  4. 特別研究
    半年毎に開催される中間発表等において、指導教員3名から博士論文研究についての質問や有益なアドバイスなどを受け、研究に反映させることにより、論文の完成へ導きます。学年進行に伴う努力の積み上げにより、第3者から指摘された問題に対して適切に対応する能力を育み、最終試験での評価として結実します。このプロセスを通してプレゼンテーション能力を高め、幅広い専門知識の蓄積と活用のための整理・体系化の仕方を学びます。
  5. 農学特別講義(日本語・英語、多地点遠隔講義)
    広範囲の高度な専門知識を習得し、合わせて国際性とコミュニケーション能力を育みます。
  6. 独創的な課題研究と論文作成
    問題解決の手法、論理的な思考法、発展的課題の設定法を育み、国内外の学会で発表するとともに学術論文として公表することを学び、博士論文の基盤とします。
  7. 国際学会海外渡航助成
    プレゼンテーション能力及び国際性を一層高める機会が得られるとともに、海外で自己の研究を客観的に評価される機会を得ます。
  8. TA及びRA
    学生実験の教育補助、多地点遠隔講義による中間発表の装置操作補助などを行うことによって、教育の実践経験を積んでいきます。また、教員の研究を補助することによって関連研究の進め方を実践下で学びます。

カリキュラムマップ

岐阜連農カリキュラムマップ.jpgのサムネイル画像

岐阜連農カリキュラムマップ.pdf